読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちなみに

火曜日の空は僕を押しつぶした。

感極まる

日記

寝不足だからか何かわからないけど今日は朝から感極まりがち。 なんか文章読むだけで感極まって泣きそうになっているのだけれどなんだろな。

昨日は久しぶりにリリースしたり、ちょっと関わったのが出たり、あれやこれやが出たり、なんかいろいろ出たように思う。 開放感もあるが、目の前の大きなやることがなくなったことで、細かいやることが見えてきて、無限になんかやることが増えた日だった。 余裕が出来ると細かいことに目がいってしまうのだけれど、整理したり優先度をつけるのが苦手で仕事は下手である。

優先度が全部高になっているのって、何も考えていない証拠で、筋肉で解決するモデルなのだけれど、だんだん体力がついてこなくなって無理になってきている。 そういえば、前職でディレクションをしていたときも優先度が全くつけられなくて爆発崩壊死亡したのであって、年齢は関係なかった。人間には筋力は早すぎたのだ。主語がでかい。

夜、寝るのが勿体無いと感じてしまうけど、朝はもっと寝ていたい。 勿体ないと感じても夜の元気はなくてだらだらとコンテンツを消費するしか出来なくてノーメリット。 ノーメリットな時間をすごす贅沢より、次の日の朝のメリットマックスの方が絶対にいいので、結論としては早く寝るのが良さそう。

昨日は酔っ払ってこれを買いました。

雪は定時すぎに雨へと変わるだろう

日記

タイトルはぜんぜん受けなかった昨日の渾身のネタです。

まさか雨になるとは思ってなくて、びしょ濡れになってしまった。 洗濯物はもう少し干しておけばまた乾くはず。

BIOHAZARD7に向けてPS VRを購入したいのだけれど、ちょっと調べるといまだに競争率が高そうでそこまでして欲しくはないと思ってしまう。 しかも今回は平日だし会社休んでまで買うものかと言われると疑問がある。その値段でもっと有益なものを買えそう。 いやPS VRでの本格的なゲーム体験は今作が最初だろうからそれなりに有益にはなると思うのだけれど。

ゲーム、飽き性なので最近はPS 4を起動することもあまりなくなってしまっった。 今年前半はいくつかやりたいのが出るのでまたしばらくは出来そう。

評価期間のたびに自己評価と他者評価にズレを感じる。 自分をただしく評価できない人間は信頼を失うとのことでなんとかしたい。

雪と週末

日記

土曜日の朝は起きると雪世界だった。 こんなにつもるの久しぶりな気がするけど去年の記憶はないから定かではない。

友達からお誘いいただいたので、彼の住んでいるシェアハウスで行われたあんこう鍋に寄せてもらった。 ものづくりをしている人が集まっているシェアハウスですごくいい雰囲気だった。 住人のみなさんもみなさん何かを作る人という感じがして、それぞれに自分なりの世界観を持たれていてかっこいいなと憧れの気持ちを抱いていた。 けっこう夜遅くまでお邪魔してしまったけど、普段できない話を聞いたり、同世代オタクトークが出来たりして、すごく楽しかった。 森見登美彦先生好きの方から「夜行」いいという話を聞いて、文庫で買おうと思っていたのだけれど、あきらめてKindle版を買った。 余談だけれど、文庫でカバーを外して雑にかばんにつっこんであるのを、空いた時間に取り出して読むのが好きなので、Kindle版とか、単行本だとかだと、読書するぞって感じがして若干苦手で、願わくはすべての小説は文庫本サイズで出てほしい。

ちなみに、帰りは雪まみれで厳しかった。

翌日は絶対に外に出ないという強い決意を抱いて食事すら断念していたのだけれど、近所の友達からおいしいビールがあるという甘い誘いをうけて、仕方なく出かけたのであった。 手作りの餃子を作る会だったのだけれど、行ったときにはすでに用意は完了していて、つつむところをちょっとだけやらせてもらったのだけれど、かなり面白かったので最初から参加すれば良かった。 焼き餃子、水餃子と楽しんで、炊きたてのご飯までいただいて、デザートまで出た。久しぶりにりんごの皮をむいたけど、なんとかむけて助かった。女子力は0になってない。 食べすぎてしまってけっこう気持ち悪くなってしまったので、食べ過ぎには注意したい。年齢を考えて行動したい。

ところで私はもうすぐ31才になるのだけれど、初対面の人にはだいたい年下に見られる。 若くみられるのはいいことなのかもしれないけれど、気持ちとしては年相応に見られたい。 どうすれば年相応に見えるのかを今年は考えていきたい。

日記

日記

年末に飲んだホットワイン

コードギアスの新作が発表されているので、復習しようと3話くらいまでみたけどまだまだ先は長い。 PS4で見ててできれば音は無線のイヤフォンで聞きたいのだけれどなんかいい方法ないのか。純正のワイヤレスヘッドフォンはもってるけど異物感があってリラックスできない。 自然とBluetooth使えてほしい。なんとかしてくれ。

毎年英語をなんとかしようと言って何もやってないので、今週から諦めて文法をやっている。 文法習った気がするけど、一切覚えてなくて勘でやっていて、よく考えるとプログラミングも文法知らないと出来ないよなと思ってちゃんとやろうということにした。 入門書みたいなのをちょっとずつやっていて、やっと5文型終わったところで中学生よりレベルが低いのだけれどまあなんとか。

これを進めてて、一日1項目という感じでやれるので無理しすぎないでよい。

日記について

駄文

日記、3つのいいことがある。

1つめは、淡々と流れてく日々をふりかえれるということ。 最近は朝早めに出社して日記を書くようにしているが、昨日の仕事以外のことをけっこう忘れている。 がんばって思い出して書いてるけど、書かないとそのまま永遠に忘れてしまう。 問題はあって、僕の場合は出力したことを直ちに忘れるくせがあって、翌日に何を書いたかもう覚えていないこともままある。

そこで2つめのいいことだけれど、記録が残るということである。 記憶には自信がないので、過去のことを全然覚えていないのだけれど、日記を書いておくといつでも見返せる。 最近ははてなブログに「こよみモード」なる便利機能が追加されたので、見返すときも快適。 記憶がないということは常に新鮮な気持ちで読み直す事ができるので、あのときはこんなことをしていたっけとか、こんなことを考えていたのかとか、発見がたくさんあっていい娯楽である。 まあ本当は覚えておけるといいのだけれど。

3つめは書くことを作らないといけないので、日々の生活にハリが出来るということである。 さっそく1つめとやや矛盾しているのだけれど、明日書くことを考える必要があるので、なんか書けることはないかと考えて行動したりする。 あと写真も撮ろうとする。実際に日記を書いていなかった期間の写真はほとんどない。撮るモチベーションが薄れていた。 またもともと、無駄だけどおもしろいことをするのが好きで、無駄なことに労力をかけがちだけれど、より情熱を注ぎやすくなっている。 昨日の日記をを書く時も飲めないビールをシュッと捨てずに、出来るだけ飲んでみたり。背景を調べてみたりと枯渇したと思われていた好奇心を奮い立たせていた。

sixeight.hatenablog.com

ちなみに前日の日記を張る余地を作ることで、忘れにくくしようという試みをやっています。

そして、まぼろしの4つめのいいところですが、承認が得られるということです。 (3つと書いた方がウケが良さそうなので3つと書きました。) 人間は承認を得ないと死んでしまう生き物なので、なんらかの承認を毎日得る必要があります。 もっとも楽なのがSNSへの投稿ですが、SNSでの承認はどうにも軽さがあって1つ1つの価値はそれほど高くありません。 そして、渾身のネタが不発なこともありよりフラストレーションがたまる可能性もあり博打感もあります。 日記はというと、日記に対し得られる承認は内容を読んでもらっていることが前提なので、価値が高いと感じます。 滅多に承認されない人からのスターなんかは飛び上がるほど嬉しいし、ブクマがつくと悶絶します。

そこで今週のお題「2017年にやりたいこと」

2017年は承認にとらわれないということをやっていきたいですね。 承認を得るならもっと有益な情報を発信して得ようと思いました。 あとは引き続き日記を書いていきたいです。

腐ったタバスコを飲んだ話

日記

グーデンカルロス・クラシックがけっこう好きでよく行くカレー屋さんで頻繁に頼んでいる。

日曜日にリカーマウンテンにいった時 (そう! 年齢確認された ときだ!) に、買ったなかの1つでグーデンカルロス系統だと間違えて買っていたのが、ローデンバッハ・グラン・クリュである。 グーデンカルロス系統の隣に置いてあって名前を見ずに取ったからだと思われる。

昨日の夜、本を読みながらちびちび飲もうと思って開けてみたのだけれど、一口飲んだ瞬間吹き出しかけた。 とにかく酸っぱいのである。最初は押忍かと思ったけど、どうも一筋縄ではいかない味がする。よく味わうとおしゃれなピザ屋で出てくるようなタバスコが腐ったような味がする。

たしかにレッド・ビールと書いてあったのは覚えていて、レッド・ビールが何かは知識がなかった。 調べると樽で長期熟成することでなんか複雑な酸っぱさを醸し出したものだということが分かった。 乳酸菌と酢酸菌のハーモニーということだそうだ。

がんばって半分くらい飲んだのだけれど、飲む度に嘔吐いてしまって大変につらかったので、非常に勿体無いが流しに捨ててしまった。 これが大人の味なんだなと思う。

ブルーチーズもあんまり好きじゃないので、まだまだ子供なんだなと思う今日このごろのお話でした。

www.belgianbeer.co.jp

www.belgianbeer.co.jp

いい値段するけど、リカマンだと500円以下で買えた気がする。レシートなくしたので気の所為かもしれない。

QOLの向上について

日記

土曜日の朝にベッドが届いた。

この家に引っ越してきたのが2011年の4月だったので、5年以上ソファで寝てきたわけですが、ここにきてついに観念して買うことにしました。 きっかけはソファ派であった id:r7kamura さんがベッドを購入されて、「ベッドはいいぞ」と勧められたからでした。 1月2日に突発的な新年会をやったわけですが、その際にいつもの軽いノリで翌日ベッドを買いに行くことが決まり、明けた翌日1月3日、待ち合わせの店で飲んだ日本酒でふわっとした気持ちの中、気がついたら購入していました。

さて、届いてみての感想ですが、まず、足を伸ばして眠れることに感動しました。 これまで足を伸ばそうとすると肘掛けに足をかけることになり、ちょうどふくらはぎあたりに当たるので快眠は出来ず、諦めて体を丸めて眠っていました。 それが、伸ばしてもどこにも当たらないし、セミダブルなのでなんなら大の字になっても問題ない。すごい。人間の文明はここまで進んでいたのか。

そして、温かい。これまでと同じ寝具のはずなのに、隙間がないからかとても温かくて、むしろ暑くて夜中に何度か汗だくで目覚めてしまった。暖房などは何も入れずにである。 これなら目覚めスッキリかと思ったのだけれど、夜中何度も目覚めてしまうからかどうもまだスッキリは出来ていない。そこは残念である。

最近の懸念だった肩こりについてはましになった気もするのだけれど、これまでと違う体制で寝たからか、背中や腰が痛い。これは盲点だった。完全に最高の睡眠をゲット出来るはずがしばらく慣らしが必要であった。

そして、うちはエアコンが壊れっぱなしで2年くらい過ごしている。夏は暑い、冬は寒いと四季を感じられるいい部屋だったのだけれど、流石にちょっとなんとかすることにした。 これまではソファで毛布にくるまってやりすごしていたのだけれど、毛布を求めてベッドで一日中過ごす訳にもいかず、部屋を暖められるものを買うことにした。 エアコンについては、部屋の備品なので修理なのか買い替えていいのかなど確認が異常に面倒なので出来ればこのままにしておきたい。

ちょっと調べてみるとダイソンので空気清浄できて、冷風、温風出せるやつがみつかった。夏はどうせ扇風機出すので、これなら出しっぱなしで済みそうだし、空気清浄も性能はどうかしらないけど出来るというのでこれを買うことにした。 善は急げとヨドバシカメラに在庫がありそうだったので、シュッとでかけて購入してきた。ついでに細かい買い物も出来て得した。

www.dyson.co.jp

使ってみると残念ながら9.5畳(たしか)の部屋全体を温めるにはパワーが足りず、ストーブとして使うというのが正しそうという感想だった。 まだ最大温度にはしていないのだけれど、最大温度で毎日8時間稼働で、7,000〜10,000円の電気代と聞いてビビっている。 それでもこれまでの何もない状態よりかは室温を上げることに成功していて、まだましな生活になった気がしている。

空気清浄についてはそれほど気にしていなかったのと、他の機種を使ったことがないので違いがよく分からない。 アプリで汚れ具合を見れるのだけれど、だいたいずっと「きれい」と表示されている。ほんとなのか。 外の汚れはどこかから取得しているらしいので正しそうで、昨日とかはずっと「汚れている」と表示されていて外出をためらわれる感じだった。 花粉症がつらいので春には実力を発揮してもらいたいところである。

ところで、リカーマウンテンにビールを買いに行ったところ、年齢確認をされるというよい体験をした。 今年で31才になるのに、まだ未成年に見られるのは、ある意味では喜ばしく、ある意味では大人になりきれていないということで悲しいですね。 2017年はもう少し大人になりたいと思うのだけれど、これは毎年言っているので無理でしょう。